お客様の声

今後福祉タクシーをビジネスとして始めようと考えている方も多いかもしれません。実際のところ、求人件数も多いのですが福祉タクシーの仕事で独立開業されている方も増えているのです。
そのように利用できる会社が増えることで競争力が高くなりますので利用者としてはその分より良いサービスが受けやすくなります。しかしながら中には酷い福祉タクシー業者もいるのだそうです。しかしながら福祉タクシーを利用されるのは、高齢者や身体障害者など社会的に立場が弱いと言われている方たちです。特に高齢者の方は若い方と違って我慢強い方が多いです。それなので多少の事では文句を言わずに我慢してしまう方も大勢いらっしゃるのです。
例を上げるとお客様の車の乗り降りを急がせるといった業者も中にはあるようです。体が自分の自由に利かない方は外出するまでにも相当の時間がかかってしまいます。それは健常者にとっては理解できないことかもしれません。本人は頑張って乗り降りしているにも拘わらずそんな言葉を浴びせたれたら少なからず傷つくと思います。しかしまともに動けない自分を迎えに来て運んでくれるのだからと何も言えない方も多いかと思うのです。
また運転が荒い人も中にはいらっしゃいます。私も一般度を走行していて思うのが、車いすマークのステッカーを張っている車が結構なスピードを出して走行しているのを見かけることがあります。他人事ながらそんなにスピードを出して危なくないのかなを心配してしまうほどです。もちろん利用者の中は福祉タクシーのサービスに対して非常に満足されているという声も聴きます。そういったお客様の声を聴けば仕事のやりがいにもつながると思うのです。一般的なサービス業であれば何かサービスに不備があった場合はお客様からクレームを受けることもあります。それによりより良いサービス提供につながることがあるのです。しかし福祉タクシーの場合はお客様の声がなかなか反映されないのだそうです。それはサービスに対して我慢して何も言わない方が多いからだと言われています。今後も福祉タクシーに参入してくる事業者や個人も多いかと思います。
その際に選ばれる業者になるためにはやはりお客様の声をきちんと聞くというのがとても大切になってくると思うのです。今後福祉タクシーを起業するもしくは会社に勤めようと考えている方はお客様の目線にあったサービスを提供するように心がける必要があるかと思います。