必要な資格

日本は今後超少子高齢化社会を迎えると言われています。それに伴って介護や医療ビジネスはますます需要が高まると言われています。福祉タクシーも需要が高まると言われている産業の一つです。実際に現在福祉タクシーの求人件数も増えているのですが、独立開業するにも比較的やりやすいと言われています。
その理由は開業資金が他の事業と比べて少なくて済むということが挙げられます。通常会社を企業するにはオフィスや必要機器を設置するだけでも相当の費用がかかってきます。それが福祉タクシーの場合は免許があり車を用意すればビジネスを始めることができます。
また経費に関しても一般タクシーよりもかからないからです。一般タクシーの営業時間は24時間365日です。深夜や早朝の仕事などもよくあります。それだけ長時間営業しているわけですから従業員を複数人雇って交代で勤務させる必要が出てきます。その一方で福祉タクシーの場合は利用目的が限られています。基本的には高齢者や身体障害者の病院への送迎がメインとなります。そうすると利用時間は日中に限られることが多いために多くの人員を必要としないからです。そうすると人件費も節約することが可能となります。そのために個人で開業したほうが会社として得られる利益も高くなるからです。
またお客様にとっても会社に頼むよりも個人で営業している福祉タクシーに頼んだほうが安心感があります。会社に頼んだ場合は複数人ドライバーを雇っている可能性があります。それなのでどんなドライバーが来るかはわかりません。勤務時間の兼ね合いもありますからドライバーを指名することは難しいかと思います。その点個人の場合は毎回同じドライバーさんに担当してもらえますから、気にいったドライバーさんが見つかればずっとお客様にとってもそこを再度利用するかと思うからです。
それでは福祉タクシー会社で働く個人で営業するとなったらどのような資格が必要となってくるのでしょうか。自動車の免許を持っているという方は普通自動車第一種免許を持っているという方が大半かと思います。福祉タクシーのドライバーになるためには普通自動車第二種免許が必要となってきます。この免許はお客様を乗せることで利益を得るタクシーやバスの運転手には必要な免許です。タクシーなどの車両ナンバーの色を見ると緑色だと思います。それは営業用として登録された車両であることを意味します。それに乗るためには必要な免許なのです。