仕事の魅力とやりがい

仕事を続けるためにはやりがいも重要な要素だと思います。やりがいがあるからこそ頑張って働こうと思えるからです。福祉タクシーの求人をよく見かけるようになりました。今後も高齢化が進む日本ではますます必要になってくるサービスかと思います。福祉タクシーでは女性でも活躍されている方が多いと聞きます。福祉タクシーの仕事をやってみたいと興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。そのやりがいとは何なのでしょうか。
まずは社会貢献できているのを実感できるということです。介護や医療関連の仕事は高齢者や身体障害者などの社会的弱者に対して寄り添って仕事ができます。今までにボランティア活動などでそういった事業に参加した経験はありませんか。私も老人ホーム慰問などに参加したことがあります。そういった施設に入っている方はやはり自分の身の回りのことができない方が多いのです。そういった方の食事の介助をしただけで本当に感謝されるのです。今まであまり人に感謝されることがなかったので私自身とても嬉しい気持ちになれました。そういった経験は自分でも誰かの役に立つことができるのだという自信になります。またそのような体験をすることで自分自身の考え方にも変化が見られるかもしれません。
今まで仕事をしていても誰かに喜んでもらえたという実感をあまり感じることができなかったという方は、介護関係の仕事をすることでそういった経験を味わうことができるかもしれないのです。また高齢者や身体障害者に対する考え方や見方も変わってくるかと思います。今まで周りにそいういった方たちがいないいとどうしても偏見を持ってしまうこともあったのではないでしょうか。例えば車を運転しているときです。前方を走っている車が高齢者が運転している車だとわかると遅くてイライラしたりした経験はありませんか。日本は諸外国と比べて高齢者や障害者に対して優しい社会だとは言えないと聞いたことがあります。それは普段から社会的弱者と接する機会が少ないからではないでしょうか。福祉タクシーの仕事をすればそういった方たちを間近で見ることになるわけです。それにより今まで持っていた偏見などがなくなるかもしれません。
自分自身もいずれは高齢者になります。そして福祉タクシーのようなサービスを利用する機会も出てくるでしょう。それを考えると福祉タクシーに関わる仕事は将来的に自分が暮らしやすい社会を作るための貢献活動にもなっているのだと感じられるのではないでしょうか。